2/3~2/5 第4回ゴミゼロ倶楽部写真展 フォーサーズ規格のカメラを愉しむ

2/3~2/5 第4回ゴミゼロ倶楽部写真展 フォーサーズ規格のカメラを愉しむ

2/3~2/5 第4回ゴミゼロ倶楽部写真展 フォーサーズ規格のカメラを愉しむ

2/3~2/5 第4回ゴミゼロ倶楽部写真展 フォーサーズ規格のカメラを愉しむ

【展示会期】:2/3(金)~2/5(日) 10:00~18:00 初日14:00から最終日16:00まで
【展示会場】:新宿区民ギャラリーAB
【コメント】:
【ゴミゼロ倶楽部の名前の由来】
「ゴミゼロ倶楽部」の由来についてご紹介します。
この倶楽部はカメラ会社OLYMPUSを中心として立ち上げられた「フォーサーズ規格」に準拠したカメラを使うユーザーの集まりです。レンズ交換式デジタルカメラの場合、レンズ交換時に空気中のゴミや埃がカメラ内部に入り写真に写り込む問題がありました。この問題を解決したのがダストリダクション機能です。フォーサーズ機は企画段階からダストリダクション機能を備えていました。今では他の規格にも同種の機能が搭載されていますが、デジタル一眼レフが出回った当初はフォーサーズ機のみ搭載されていました。
ダストリダクション機能を持った「ゴミの付かないカメラ」即ち「ゴミゼロのカメラ」としゃれを込めて倶楽部名を「ゴミゼロ」と称しました。環境問題に取り組む団体ではありません。

【ゴミゼロ倶楽部について】
この倶楽部は2004年、8名ほどで始まりましたが、今では北海道から沖縄、更に海外まで広がり、初心者からプロまで150名余となっています。会費はなく、資格はフォーサーズ機あるいはマイクロフォーサーズ機で写真を楽しむユーザーであることです。主にインターネット上の「ゴミゼロ掲示板」に写真を発表して交流し、時として仲間が集まって撮影会をするなどのイベントを楽しんでいます。

【ゴミゼロ倶楽部写真展】
インターネット上の交流だけでなく、写真展を開催して楽しもうと企画されました。
ゴミゼロ倶楽部最大のイベントです。2007年に第1回写真展を調布市民会館で開催しました。以降、2010年に第2回、2011年に第3回、そしてここに第4回写真展を開催します。第2回以降は、ここエコギャラリー新宿をお借りして、開催しています。


2012年2月の展示一覧はこちら

サイト内検索