松本淳子先生からのアドバイスで60歳前後から刺繍と絵と表装を習い、現在まで楽しんでいます。
 表装の本紙は麻、絹等を使用しています。絵具は布用の絵具を使い、直接絵を描いてから一部のみ刺繍をしてから裏打ちをしたものに回りに裂地(絹)をはり、表装した物に掛軸、屏風、ハガキその他小物を作っています。

                         坂下喜久枝

sakashita1.JPGsakashita2.JPG

傘寿の祝い 布絵刺繍の表装と刺繍の個展

展示会期

3月28日(火)~4月2日(日)10:00~17:00(初日14:00~ 最終日~15:00)

展示会場

区民ギャラリー展示ホールA

主催

坂下喜久枝

サイト内検索